忍者ブログ
日記のような脳内メモ。
admin | write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いいねー洋楽的ロリ声。歌い手としては癖のない、幅広い声だと思うな!

ユーザーの創作を狭めたくないという思い(と思惑)から、クリプトンはミクをはじめとするCVシリーズに極力「公式設定」を避けてきた。
結果、ミクは何者でもあり何者でもない稀有な個性を持つに至った。
しかし二匹目のどじょうを狙っても意味がない、とインタネ社はアーティストボーカルという路線を打ち出した。
さらにZERO-G社は、積極的にソニカに「設定」を設けようとしている。



ブーツマニアで猫とホワイトチョコがすきとな!
猫に怖がられるソニカたん萌え。

あとちょっと面白いなと思ったこと。
クリプトンの慎重な戦術(だけじゃないけど)のおかげで、歌声を出力するソフトシンセの顔であるVOCALOIDキャラクターに公式設定をつけることに、私自身がちょっと「タブー感」を持ってたことに気づいた。
ソニカのtwitterアカウントをみたとき、反射的にまず思ったのは「いいの?!」だったんだよね。
これは私自身のことだけど、他にも「いいのかこれ?!」って思った人、いるんじゃないかな。

英語圏ではかなり浸透してるtwitterでは、各企業や公的機関などの公式アカウントも沢山ある。
アポロ40周年記念イベントでこの周辺を知ったけど、宇宙探査機もアカウントを持ってる。
公式アカウントといえばインフォメーションやニュースをポストするのがほとんどだけど、探査機のアカウントは何故か擬人化されたものが多い。
宇宙開発に興味がある人が follow すべき Twitter アカウント
ニューホライズンやLROの、アポロ40周年を祝う呟きを見ていると、勿論これは「中の人」がやってることなのだけど、誰にも何にも侵されないひとつの「人格」があるような錯覚を覚えたりする。
これはこれで英語圏の「人ならざるもの」を愛するためのお約束なのかな、と思ったりも、する。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD :
───────────
コメント編集時に使用
 
無題
| -ヮ-)
 「九十九神」って日本独自の概念かと思ってたけど、
 欧米でもそういった感覚ってあるんですね。
| -ヮ-) どら猫とみー。 2009/07/21(Tue)22:35:46 EDIT
無題
イギリスの妖精伝説や、ギリシャ神話の神々を思えば、ああなるほどと腑に落ちる部分もありますねえ。
日本とは「文脈」が違うだけで、人ならざるものを愛したり畏れたりする「感覚」は万国共通なのかもしれません。
NezMozz URL 2009/07/23(Thu)02:57:52 EDIT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
PREV       NEXT
63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本館は ↓
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"NezMozz" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.